ダイエットをする際は、下半身の筋肉をつけ、ボディーラインを引き締める

ダイエットをする際は、下半身の筋肉をつけ、ボディーラインを引き締める

 

最近太ってきて、皮下脂肪が気になる方におすすめです。

 

ランニングや筋トレによる下半身引き締め法
まず、ダイエットをする際に、食事制限をせず、運動により痩せると言う意識を持つことが大切です。さらに、単に筋肉をつけるだけでなく、カロリー消費量の多い下半身の筋肉をつけることに意識を集中しましょう。
まずは、ウォーキングをする習慣を身に付けてください。近くに行くときに車で行くのではなく、歩いて行くようにしましょう。ただ歩くのではなく、出来ればはや歩きで歩きましょう。
歩く習慣がついてきたら歩きのなかに、1分から2分ランニングを取り入れてみてください。例として、5分歩き、1分走り、また5分歩くと言うようにこまぎれに歩きを取り入れてください。
最終的には、ゆっくりのペースでも良いので30分は走れるようになりましょう。方法としては、歩きを少しずつ走りに変えていくことです。
ランニングの習慣をつけることと同時に、筋トレを行いましょう。筋トレは、腹直筋を鍛えるのは通常の腹筋で良いです。下腹部を鍛える際には、レッグレイズと言う筋トレメニューを活用します。レッグレイズとは、仰向けになった状態から、両足を床と垂直になるまであげ、また、仰向けに戻ると言う動作を繰り返すメニューです。
脚部を鍛える際にはスクワットを行います。
いずれも回数は20回程度を3セット程度繰り返します。

 

この方法のメリットは、費用をかけずに行うことが出来ることです。また、太りにくい体を作ることができます。
デメリットとしては、継続することが難しいことです。継続することが出来ずに挫折する人が必ずいます。また、頑張りすぎると怪我をする原因になるため注意が必要です。行う際には無理の無い範囲にしましょう。